METライブビューイング アンコール2020は、東京・大阪・神戸・名古屋の4都市で開催中

コロナ禍によって海外旅行が制限される中で、自宅にいながら美術館や遺跡を巡る旅を楽しめる「バーチャル・オンラインツアー」の人気が高まっているという。今、クラシック業界にもこれと似た動きがある。8月上旬に始まった「METライブビューイング アンコール2020」のキャッチコピーは、「この夏、オペラで世界を旅しよう」というものだ。

プッチーニのオペラ『蝶々夫人』で描かれる恋愛の悲劇の舞台が日本の長崎であるように、オペラでは、世界中の国や地域が舞台となっている。今回のアンコール上映の多様な演目におけるそれぞれの地域性は、まさに“オペラで世界旅行”というにふさわしい。

METライブビューイングとは、米ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)の最新オペラを日本の映画館で上映するものだ。2006年にスタートして、今年で14年目。オペラ鑑賞のあり方の1つとして、浸透しつつある。日本にいながら、ニューヨークの劇場を訪れた気分で上質なオペラに触れられる。この意味でもMETライブビューイングは“オペラでの旅行”なのである。