肝臓がんの95%は肝細胞ががん化した「肝細胞がん」で、残りの5%は肝臓の中を通る胆管ががん化した「肝内胆管がん」である。2つは治療法も異なるため区別されている。

肝細胞がんは、B型やC型の肝炎ウイルスによる感染が長く続き肝細胞の炎症が続いたことによって遺伝子が変異するために発症する。肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患を伴っていることが多い。

国立がん研究センター東病院、肝胆膵(すい)内科長の池田公史医師によると、近年は肝炎ウイルス感染由来の患者が減少傾向にあり、脂肪肝を伴っている患者からの発症が増えているという。

「B型、C型の肝炎ウイルスは、ウイルスの排除や増殖を抑える薬を用いた抗ウイルス療法でかなりコントロールできるようになった。その代わり、非アルコール性脂肪肝炎からの肝臓がんが目立つ」(池田医師)。非アルコール性脂肪肝炎は、肥満(とくに内臓脂肪型)や糖尿病、脂質異常症などが原因とされている。