写真はイメージです(h9images / PIXTA)

乳がんの中には、遺伝性のものがあることが、よく知られている。遺伝が原因となるのは、乳がん全体の5~10%程度。最も多いのがBRCA1、BRCA2という2つの遺伝子変異が原因で起こる「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」だ。

HBOCの人は、「卵巣がんも発症しやすい」「乳がんは45歳以上に多いが30代の若いうちに発症しやすい」「両側の乳房に発症しやすい」といった特徴があり、血縁関係が近い人の中に乳がんや卵巣がんになった人がいると遺伝性の可能性は高くなる。

HBOCは、血液検査で遺伝子変異を調べることでわかる。自分や家族の発症リスクを予測でき、部分切除が可能であっても全摘を選択するなど、治療の選択にも関わる。

HBOCを調べる検査に今年4月から保険が適用されるようになった。