写真はイメージです(Graphs / PIXTA)

肺がんの標準的な手術は、がんがある肺葉をブロックごと切除する「肺葉切除術」だ。1995年に米国で実施された無作為試験で、肺葉切除術とそれよりも小さく切除する「縮小手術」とを比較したところ、縮小手術では再発率が高くなるという結果が出たためだ。

しかし近年は、CT検査やPET検査の進歩によって小型の肺がんが発見され、当時とは状況が異なる。そこで、2センチメートル程度の小さながんに対しては、肺葉よりもさらに小さい区画に分けて切除する「区域切除」や肺の外側を部分的に切除する「部分切除」などの縮小手術を実施するケースが増えてきている。縮小手術は肺葉切除術に比べてより多くの肺を残せるので、術後の呼吸機能が保たれやすい。