KGBの男 冷戦史上最大の二重スパイ(ベン・マッキンタイアー 著/小林朋則 訳/中央公論新社 /2900円+税/536ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] Ben Macintyre 英国の新聞タイムズのコラムニスト・副主筆を務め、同紙の海外特派員としてニューヨーク、パリ、ワシントンでの駐在経験も持つ。著作を原作としたBBCのテレビシリーズが定期的に放送されており、番組ではプレゼンターも務めている。

スパイ小説といえば007シリーズの作者イアン・フレミングや、ジョン・ル・カレといった英国の作家の名が頭に浮かぶ。「やはり、スパイ小説は英国に限る」と通ぶってみたくなるが、実は、ノンフィクションの世界にも同じようにスパイ分野の第一人者といえる作家がいる。

その一人が、本書の著者ベン・マッキンタイアーだ。代表作には、第2次世界大戦中の対ナチス諜報を描く『ナチが愛した二重スパイ』『ナチを欺いた死体』『英国二重スパイ・システム』の3部作がある。どの本も、歴史の裏側で行われた諜報戦の熾烈さと独創性に驚かされる。

戦後の冷戦時代を扱った『キム・フィルビー』も見事だ。その名が表題にもなっているキム・フィルビーは、英国で活動し、「ケンブリッジ5」と呼ばれたスパイの一人。MI6の略称で知られる英国の対外諜報機関の諜報員を務めた貴族階級出身の優秀な人物で、MI6の長官になるのではと目されてもいた。しかし、彼はソ連側のモグラ(二重スパイ)だったのだ。