海岸に漂着した重油の回収を続けるボランティアら(AFP/アフロ)

岡山県の海運会社・長鋪(ながしき)汽船が所有し、商船三井が借りて運航する大型貨物船「WAKASHIO」(以下、わかしお)の座礁事故が、サンゴ礁に囲まれたインド洋の島国に深刻なダメージを与えている。

わかしおはモーリシャス沖で7月25日に座礁した後、船体に亀裂が入り、燃料の重油が流出した。

事故現場付近のマングローブ林はラムサール条約で国際保護湿地に指定されている。世界的にも希少なサンゴが群生する海洋公園にも重油が流れ出した。

8月9日に記者会見した両社の幹部によれば、座礁した当時、わかしおの船内のタンクには約3800トンの重油と約200トンの軽油があった。そのうち、海に流れ出した重油の量は推定で1000トン以上。モーリシャス政府は8月7日、環境危機事態を宣言し、フランスのマクロン大統領が翌8日、軍用機の派遣を含む支援を表明した。

被害の実態はしだいに判明しつつある。日本政府が派遣した国際緊急援助隊の油防除の専門家である大塚久・海上保安庁横浜機動防除基地隊長は、「わかしおが乗り上げた地点から直線距離で北に10キロメートルの地点まで、重油の漂着が確認された」と説明する。