(haku/PIXTA)
週刊東洋経済 2020年8/29号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、東京理科大学。「早慶上理」と呼ばれ、私立大学の最難関クラスとして多くの受験生が憧れる大学だ。ただ、いずれも文部科学省が進める定員厳格化政策で一般入試の合格者を減らしており、狭き門となっている。また、公募制の推薦・AO入試は出願要件を満たしていても合格するとは限らない。

そこで注目なのが指定校推薦だ。これは、大学が指定した高校の生徒のみが出願できる推薦制度だ。高校1年生から高校3年生の1学期までに履修した教科の評定(5段階評価の成績)平均値や出席日数などの出願要件を満たし、高校内の選考をクリアすれば、高い確率で合格できる。いわば希望大学に合格するための最短ルートだ。

お得な学校を探せ

下記のリストは、大学通信が実施したアンケートを基に、早慶上理の4大学に指定校推薦枠を持つ高校を抽出したものだ。対象は東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬の私立の高校、中高一貫校で、かつ指定校推薦枠の回答があった学校だ。内部進学する付属校も対象にしている。推薦枠数ではなく推薦合格・進学者数を回答している学校は、その数値を記載している。