週刊東洋経済 2020年8/29号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

高校3年間を離島や地方で学ぶ「離島・地方留学」が注目されている。自然豊かな環境で学べるほか、寮生活やホームステイを通じて思いやりや自律心、行動力を身に付けられるのが魅力だ。

その先鞭をつけたのが、島根県立隠岐島前(おきどうぜん)高等学校だ。西ノ島町・海士町・知夫村という3つの町村からなる隠岐諸島島前地域の住民の高校進学の受け皿だった同校は、2012年に全校生徒が89人とピーク時の3分の1にまで減少した。そこで「島留学制度」を導入し、今では当時の倍以上の生徒を確保することができた。この8年間で「留学生」の受け入れ数は150人以上に上る。

隠岐島前高の「留学生」

離島ならではの環境を生かしながら、地域の課題解決を兼ねた探究学習や、島の伝統行事への参加などを授業に組み込む。島の人の魅力を伝えるための「ヒトツナギ部」というユニークな部活もある。都会では経験できない島の生活を経ることで、人生観にも変化が生じ、生徒たちは多様な進路を見つけている。