英国は8月限定のEat Out to Help Outキャンペーンの最中。「月・火・水曜日の外食は50%オフ、値引き上限は1人約1400円でアルコールは対象外」というもので、外食派の市民に好評のようです。旗振り役のスナック財務相は、自らレストランでウェーターとしてテーブルに食事を運ぶなど、この景気刺激策の浸透に懸命です。パフォーマンスとはいえ、責任が明確な組織のトップとしての真剣さが垣間見える気がします。

The Chancellor is convinced that the scheme will provide good value for money.

財務相はこの仕組みが金額に見合った価値を提供すると確信しています。