やりみず・ひでき 三井生命保険、あおぞら銀行などを経て、2009年産業革新機構(現INCJ)入社、20年7月から現職。

官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)が立ち上げた1号ファンドが8月から本格的に始動した。投資先候補はすでに複数あり、検討が始まっている。運用規模は1200億円。1社当たりの投資額は10億〜50億円を見込む。JICが100%出資する。2号以降は民間企業など外部からの資金を入れる予定だ。

この10年ほどで民間VCの投資額が大きく増えた。官民ファンドのミッションは政策課題に対応し新産業を創出することだ。そのための役割は2つある。