ベンチャーの1部上場基準はユニコーンに優しく、それ以外には厳しくなる(撮影:尾形文繁)

「東証1部への直接上場を目指していたが、最終的にはマザーズに上場することになった」。フリマアプリ国内首位で、希有なユニコーンだったメルカリの長澤啓CFOは悔しさをにじませる。ユニコーンとは創業10年未満、企業価値10億ドル以上の未上場企業のことだ。

2018年のメルカリ上場から2年。取引所に株式を上場するためのルールが大きく変わろうとしている。ベンチャー企業にとって影響の大きい変更点は2つだ。まず、業績に関する基準が緩和され、とくに時価総額の大きいユニコーンの東証1部への直接上場が柔軟に判断されるようになる。一方で、これまで存在していた1部上場の“近道”は閉ざされる。

撤廃される「赤字の壁」

東京証券取引所は22年4月にプライム、スタンダード、グロース(いずれも仮称)の3市場に株式市場を再編する。7月末、この市場再編に先立って、今年11月から上場や市場変更についてのルールを変更すると発表した。