親日家の指導者として日本にも大きな影響を与え続けた台湾の李登輝元総統が7月30日、亡くなった。享年97。「22歳まで日本人だった」と自称し、亡くなるまで日本に深い関心を寄せていた。日本の政治家や著名人との親交も深かった李氏は、日本に対して多くの発言を残し、日本で発行された著作も多い。

本誌でも、2007年11月に台湾でロングインタビューを行った。権威主義の台湾を民主国家にいかに変え、「民主主義の父」と呼ばれる政治家になったのか。また、政治家として、指導者としての精神や身の処し方について丁寧に語ってくれた。日本に対しては温かいながらも厳しい指摘が随所にあった。

台湾人の政府をつくった

李氏は京都帝国大学を中退後、台湾大学を卒業。米国留学を経て、1971年に中国国民党に入党した。農業関係の閣僚となり政界での活動をスタート。84年に当時の蒋経国総統から副総統に任命され、88年に蒋経国が亡くなると当時の憲法の規定により総統職を引き継いだ。その後、中国国民党内の激しい権力闘争を勝ち抜き、総統直接選挙に至る道筋をつけた。

週刊東洋経済 2020年8/22号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

台湾に民主主義の種をまき、芽吹かせ、成長させたのは李氏のリーダーシップによるところが大きい。そのため、「台湾に民主主義を突然出現させたのは李氏ではないか」と本誌は質問したが、意外な答えが返ってきた。「突然じゃない。それは語弊がある。台湾の民主化というのは、来るべき時に来ただけ。それを手伝ったのが私なのだ」。

であれば、なぜ蒋経国が李氏を副総統にし、後継者としたのか。李氏もそのあたりの事情はよくわからないとしながらも、次のように語った。

「蒋経国は面白い。僕は彼を知らないんだ。だが彼は僕が好きだ。何が好きか。僕のやっている仕事はチャイナ式ではなくて日本式だからだ。日本人的だからまじめくさってきちきちやるし、彼と対面しているときにはふんぞり返って座らない。手をひざに置いて背筋を伸ばして座る。こんな行動に、この男は今までの中国人と少し違うな、信用できるなと思ったのでは。でなければ、僕を副総統にする理由はないんだよ」