スポーツ・アイデンティティ どのスポーツを選ぶかで人生は決まる(田崎健太 著/太田出版/1600円+税/259ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] たざき・けんた 1968年京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、99年末に退社。『球童 伊良部秀輝伝』『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』『ドライチ』『全身芸人』など著書多数。

著者は編集者、ノンフィクション作家として多くの有名人を取材する中で、一つの仮説を立てるようになる。人の性格はスポーツ歴に影響を受けているのではないか。個人スポーツか集団スポーツか、そして、集団スポーツならばどのポジションを担ったか。本書では、多くの取材をもとに、マラソンに野球、サッカー、格闘技にラグビー、ゴルフ、水泳など、各競技の選手や経験者に共通する性格をあぶり出すことが試みられている。

例えば、野球では、投手にはわがままなタイプが多く、捕手は一筋縄ではいかない。サッカーならば、フォワード(FW)は傲慢で、サイドバックは場を和ますいじられ役といった調子だ。これらは想像しやすいが、投手やFWはエゴ丸出しに見えても、常にチームメートへ繊細な意識を向けているというから興味深い。