あかいし・しんいちろう 講談社『FRIDAY』や文藝春秋『週刊文春』記者を経て、2019年にジャーナリストとして独立。日韓の歴史問題を中心に取材を続けている。(撮影:梅谷秀司)
韓国人、韓国を叱る: 日韓歴史問題の新証言者たち (小学館新書)
韓国人、韓国を叱る: 日韓歴史問題の新証言者たち (赤石晋一郎 著/小学館新書/820円+税/237ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
慰安婦や徴用工などの歴史問題で、「謝罪せよ」「反省せよ」という韓国の主張に、日本はうんざりしている。しかし、そのような主張からは、当事者である彼女ら彼らの本音が見えない。

──メディアの報道は、日本に反省と賠償を求める声ばかりで「韓国人はそれほど日本人を憎んでいるのか」と思ってしまいます。

私も当初は、日本批判が韓国人の本音だと感じていました。ところが、韓国での取材を進めれば進めるほど違和感を覚えるようになりました。例えば、ある慰安婦は「慰安婦問題が日韓対立の棘(とげ)になってはいけない」と私に訴えかけてきました。徴用工の中には「受け取る給料は日本人も韓国人も同じ金額だった」「差別はなかった」と証言する人もいます。

取材で当事者に会って体験を聞いてみると、反日だと思われていた韓国人の違った本音をたくさん聞くことができました。そうした言葉を多くの日本人読者にも知ってもらいたいと思ったのです。