訴訟後に記者会見する自販機オペレーターの従業員ら

「夏場は夜9時まで駅の自動販売機にジュースを詰める日もある。帰宅は午後10時、11時になるのが当たり前」

「人手がつねに足りず、長期の連続勤務や休日出勤が常態化している」

6月22日、自販機の商品補充や代金回収などを行う自販機オペレーターに対し、従業員5人が未払い残業代約2400万円の支払いを求める訴訟を東京地方裁判所に起こした。

訴えられたのは、物流サービス事業を展開するシグマロジスティクス(東京・品川区)と、その子会社・シグマベンディングサービス(さいたま市)。両社はコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス子会社から業務を受託している。

訴えによると、時間外労働は月平均で100時間、最長で150時間に及ぶという。大手自販機オペレーターが残業代未払い訴訟で訴えられるのは今回が初めてとなる。両社は取材に対し、「何もお答えできない。残業代未払いなどの事実はない」と述べた。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDは、「子会社に対しては、委託先会社の長時間労働など、労働環境の是正を求めている」(同社広報)としている。