最上川河口の酒田港。奥に見える鳥海山まで平野が広がる(PIXTA)

山形県酒田市は県北西部、日本海に面した人口10万人の街である。この街の姿を市の中心部にある日和山(ひよりやま)公園から見渡すことができる。松尾芭蕉の句にも詠まれた最上川が日本海へ注ぎ、川の北側に市街地が形成されている様子がわかる。河口付近には重要港湾に指定される酒田港があり、多くの大型船が行き交う。

この街は古くから港町として栄えてきた。1672年に河村瑞賢が開いた西廻り航路において酒田の港は北前船の寄港地となり、この港から出荷されるコメや海産物などが京都や大阪に運ばれたのだ。とくに珍重されたのがベニバナだ。江戸時代以降、酒田付近でよく栽培されるようになり、北前船で京都に運ばれて、着物などの染料として活用された。ベニバナで染められた雛人形や京友禅は戻る船で酒田に運ばれた。「紅一升は金一升」といわれるほど稼ぎがよく、ベニバナは酒田の街を潤した。