電力やガスといったエネルギーのインフラが、近年とくに求められるのは「低炭素」とともに「災害に強い」ことだ。その最前線で東京電力と東京ガスが真っ正面からぶつかり合っている。

森ビルが2003年に開業した日本有数の超高層ビル「六本木ヒルズ森タワー」の電力供給を担っているのは東ガス。ビル内の電力のすべてを賄えるガスコージェネレーション(熱電併給)システムが威力を発揮し、11年の東日本大震災時に停電を免れたことは広く語り継がれている。

ところが、東ガスが独壇場としてきたガスコージェネを用いたエネルギービジネスで、後発の東電が攻勢を強めている。

舞台は同じ森ビルが進める東京・虎ノ門地区の再開発だ。エネルギーの提案で東ガスに打ち勝った東電が、ガスコージェネの導入を含むエネルギーシステム構築に関する受注を獲得した。

今年1月竣工の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」。地上36階建ての超高層ビルの地下に、ガスコージェネシステム(出力1000キロワットのガスエンジン発電機2台)やターボ冷凍機、4100立方メートルの巨大な蓄熱槽が据え付けられている。