脱炭素社会を実現するには産業界の協力が欠かせない。とくに重要なのが日本の二酸化炭素(CO2)排出量の14%を占める鉄鋼業である。

なぜ鉄鋼業のCO2排出量は多いのか。天然資源である鉄鉱石は酸化鉄なので、「鉄」を造るには酸素を取り除く(還元する)必要がある。現在、製鉄の世界的な主流は、石炭と鉄鉱石を溶融させて鉄を造る高炉法。高温で炭素(C)と酸素(O)が結び付きやすくなる性質を利用するため、大量のCO2が発生してしまうのだ。

ゼロ実現はまだ見えず

脱炭素鉄=ゼロカーボン・スチールを実現するには、まったく新しい製鉄プロセスの開発が必要になる。最有力視されているのが「水素還元法」だ。実現できれば発生するのはH2O=水になる。