日清食品ホールディングス|カップヌードルでエコを徹底追求

看板製品のカップヌードルは持続可能なパーム油を使用。容器にはRSPO認証マークがついている(撮影:尾形文繁)

「地球環境の問題に企業が積極的に取り組むことは、当たり前になった」。日清食品ホールディングス(HD)の安藤宏基社長は、6月にオンラインで行われた環境戦略「アースフードチャレンジ2030」発表の会見で、力を込めてそう語った。

同社は今回、温室効果ガスの削減目標として、30年までに自社から排出する量を18年度比で30%削減するとした。さらにサプライチェーン(原料調達、輸送、廃棄など)で排出される温室効果ガス量も同15%削減するとした。この目標は、パリ協定の「2度目標(産業革命後の世界の平均気温の上昇を2度未満に抑える)」に整合するとして、SBT(企業版2度目標)に認定された。

具体的には、今年3月から日清食品HD東京本社の使用電力の半分を、ゴミ焼却によるエネルギーを用いた「ごみ発電電力」とする。また、21年度中に主力製品「カップヌードル」の容器を、「バイオマスECOカップ」ブランド製品へ切り替える。容器で使用している石油化学由来プラスチックを植物由来のバイオマスプラスチックに一部置き換え、焼却時に排出される二酸化炭素(CO2)を従来容器より約16%削減する。

SBT(企業版2度目標)…パリ協定で定められた温室効果ガス削減目標と整合する目標を設定した企業を認定する国際的な取り組み。2020年6月23日現在の認定企業は393社。日本企業は72社。認定されると、気候変動情報開示を評価するCDPのスコアでも優遇され、ESG投資での評価が高まる。

森林対策を急ぐ理由

もう1つ重点項目に掲げるのが、地球温暖化につながる森林破壊の防止に向けた取り組みだ。日清の主力製品であるカップ麺にはアブラヤシの実から採れるパーム油が用いられている。パーム油はほかにもパン、洗剤、シャンプーなど多くの製品に使用されているが、この植物油脂は農園開発の過程で熱帯林破壊や労働者の人権侵害の可能性のあることが近年問題視されている。光合成でCO2を吸収する効果を持つ熱帯林が減れば、その分CO2が増えてしまう。

こうした問題への対策が欠かせないと判断した日清は、17年からRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)で認証されたパーム油の調達を開始。現在は全体の20%がRSPO認証油となっている。

RSPO (持続可能なパーム油の ための円卓会議)…世界自然保護基金(WWF)を含む関係団体が中心となり、2004年に設立された国際NPO。持続可能なパーム油の生産と利用を促進することを目的にしている。RSPOの定める要求事項を満たした企業は、パーム油を利用した商品にRSPOのロゴマークを使用できる。

日清が環境対策に本腰を入れ始めた背景には、気候変動への関心の世界的な高まりがある。15年に採択された地球温暖化問題に関するパリ協定、そして同年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の設定もあり、経済の脱炭素化が急速に進み始めた。さらに近年は、欧米のファンドを中心に環境や社会に配慮した経営を行っている企業に投資する「ESG(環境・社会・企業統治)投資」が拡大している。環境問題などへの取り組みが、投資の選別事項として重要視されるようになった。