製造業より出足が遅れていた中国のサービス業の回復が、ここにきて勢いを増している。7月3日に発表された6月の財新中国サービス業経営活動指数(サービス業PMI)は58.4と、2010年5月以来10年ぶりの高水準を記録した。また、5月の55からは3.4ポイント上昇し、好不況の判断の目安とされる50を2カ月連続で上回った。

サービス業PMIに先立って7月1日に発表された6月の財新中国製造業購買担当者指数(製造業PMI)は51.2と、5月の50.7から0.5ポイント上昇した。サービス業と製造業のPMIがそろって2カ月連続で50を上回ったことは、新型コロナウイルスの打撃を受けた中国経済の回復の足取りが確かになってきた表れといえそうだ。

6月のサービス業の新規受注指数は10年9月以来の高水準となり、2カ月連続で拡大トレンドを維持した。6月には製造業の新規受注指数も縮小から拡大に転換しており、内需回復の勢いを印象づけた。

一方、気がかりなのは雇用の状況だ。景況感の大幅改善にもかかわらず、サービス業は雇用の削減を続けている。6月のサービス業雇用指数は5月よりも低下した。調査対象企業からは「新型コロナの影響が残っており、まだ採用を増やせない」などの回答が寄せられた。

(財新記者:沈凡、原文の配信は7月3日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。