東京都中央区にある日本橋三越本店。新型コロナの影響で売上高は大きく落ち込んだ

百貨店の大手各社が6月の実績を公表した。

三越伊勢丹ホールディングス(HD)が展開する三越伊勢丹の既存店売上高は前年同月比22.5%減(5月実績は同83%減)、エイチ・ツー・オー リテイリング傘下の阪急阪神百貨店の全店売上高は同10%減(5月は同64.1%減)だった。

また、J.フロント リテイリングが展開する大丸松坂屋百貨店の既存店売上高は同25.7%減(5月は同71.8%減)、高島屋の全店売上高は同17.3%減(5月は64.1%減)となった。

各社ともに、コロナ禍で一部店舗の休業を強いられた5月は大打撃を受けた。営業を再開した5月後半以降は売上高も徐々に回復。6月実績は最悪期を脱したものの、前年割れの厳しい状況が続いている。

売上高が底入れした要因には、外出自粛の揺り戻しが挙げられる。エイチ・ツー・オーの荒木直也社長は「今はミニ特需が起きている。一部店舗を45日間休業していた分の反動が出ている」と語る。