イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史(上・下)(ロネン・バーグマン 著/小谷 賢 監訳/山田美明、長尾莉紗、飯塚久道 訳/早川書房各3200円+税/上542ページ、下478ページ(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Ronen Bergman 1972年生まれ。調査報道ジャーナリスト。イスラエル最大の新聞イェディオト・アハロノト紙で軍事・諜報分野を担当。モサドの研究で英ケンブリッジ大学から博士号を取得。著書に『シークレット・ウォーズ イランvs.モサド・CIAの30年戦争』など。

アリー・ハッサン・サラメ。テログループ「黒い九月」のメンバーで、1972年にイスラエル選手団が殺害されたミュンヘンオリンピック事件の中心人物とされる。黒い九月の解散後はパレスチナ解放機構(PLO)の幹部として活動。米中央情報局(CIA)とPLO議長アラファートの情報交換ルートとして機能した人物だ。

79年、サラメがベイルートにある自宅から20メートルほどの地点を車で走っている時、道路わきに駐めてあった車が爆発。サラメは搬送先の病院で死亡した。実行犯はイスラエルの諜報機関モサドの工作員だった。

まるで映画か小説のような話だ。本書には、イスラエル建国以来行われてきたこのような暗殺作戦の詳細が、全編にわたり書き記されている。敵に囲まれたイスラエルでは、国家の存亡をかけた戦いが常に行われてきた。