民主主義と国家は両立せず。危機にあるのは共和制国家
評者/BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

『民主主義の非西洋起源について 「あいだ」の空間の民主主義』デヴィッド・グレーバー 著/片岡大右 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] David Graeber 1961年生まれ。文化人類学者、政治的活動家。英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学人類学教授。著書に『アナーキスト人類学のための断章』『負債論──貨幣と暴力の5000年』など、インタビュー集に『資本主義後の世界のために──新しいアナーキズムの視座』。

われわれは、民主主義の起源を古代ギリシャのアテネに求め、18世紀の米独立戦争やフランス革命でよみがえり、現代に続くと考える。本書はこれを否定する。まず、民主主義の起源は特定の文明にあるのではない。また、近代民主主義と真の民主主義とは別物で、民主主義と国家は両立しないと論じる。

もともと民主主義は、コミュニティを構成する市民が自分たちの問題を平等な集会で意思決定することを示す言葉だった。富の不平等を前提にすると、民衆への権力委譲は、暴徒支配につながりかねない。米独立戦争やフランス革命の指導者らは民主主義者と同一視されることを警戒した。

実践としての平等な民主主義は、古来、国家管理が不在の領域で、コミュニティがコンセンサスを生み出す際に出現した。例えば多民族が混在する地域や米国のフロンティアで、即興的な民主主義的空間が生まれた。平等思考の意思決定は特定の文明や伝統に固有のものではないのだ。

さらにそこでは、コンセンサスの形成過程で白黒つける採決は選択されなかった。多数派意見に少数派を同意させる強制手段が存在しなかったからだ。それがアテネで可能だったのは、平等な市民が同時に武装していたからで、極めてまれなケースだった。多くの場合、民主主義的空間は、国家体制が整うと消失した。

代表を選挙で選ぶ近代のシステムは、本来、共和制と呼ぶべきだが、19世紀半ば以降、民主主義と呼ばれるようになる。ただ、代議制は富や権力を持つ特定の人や家系が継続的に選ばれやすく、平等とは言い難い。日本でも世襲の国会議員が少なくない。

現在、各国で民主主義がうまく回らないのは、平等なはずの民主主義的手続きを国家の強制的メカニズムと無理に結合させるからで、危機にあるのは民主主義ではなく、国家だという。権威主義国家だけでなくリベラル民主主義国家も大きな矛盾を抱えているということか。今や米国の政治指導者が発するメッセージは、アテネの自由広場の討論を想起させるというより、情動に働きかけるローマ時代のサーカスのような代物だ。

本書はアナーキズム的な解答を提示するが、われわれは、問題が大きくても今の制度を直ちに否定するわけにはいかない。まず、社会の隅に追いやられた人々の声をすくい上げることが必要だろう。それにしても、奴隷制を基盤に軍事体制を敷き、女性を制度的に抑圧したアテネだけが民主主義の起源でなかったことに安心する人も多いだろう。