川崎に首都圏の主要オーケストラが集う音楽祭。新しい形での開催に注目が集まっている

「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2020」がこの夏、開催される。今年3月の開催発表後は、新型コロナの影響で4月のチケット発売が延期され、7月の実施自体、危ぶまれていた。全公演“ライブ配信+有観客”のハイブリッド開催という変則的なスタイルで行われるというが、久々の明るいニュースだ。

コロナ禍により、3〜4月の「東京・春・音楽祭」で3月半ば以降に予定されていた多くの公演が中止となったのをはじめとして、5月の「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」、そして6月の「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」といったクラシックファン垂涎の音楽祭が軒並み中止となった。そんな中、 夏の風物詩的な音楽祭の開催は、沈滞ムードを一掃する清涼剤のようにも感じられる。