デラウェア州ウィルミントンでの選挙集会で6月撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

欧州外交評議会(ECFR)の定例会議での開会スピーチにおいて、ドイツの外務大臣ハイコ・マースは、11月のアメリカ大統領選挙の結果に関わらず、欧州は「米国が不在でも、欧州周辺での紛争を上手く抑えるための方法を考えなくてはならなくなるだろう」と述べた。

彼の考えには賛同者が多い。フィナンシャルタイムズのジャナン・ガネシュやウォルフガング・ムンヒャウなど、欧州の多くの識者らは、民主党がドナルド・トランプ大統領に勝利したとしても、米欧関係が大きく変わることはないだろうと主張している。

それによると、民主党の大統領は保護貿易論者であるだろうし、孤立主義的であるといわれる米国の国民感情に敏感で、かつ欧州を守るために小切手を切ることには気が乗らないのだという。こうした主張は当初、国際協力や人権に非常に力を入れているマサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員や、バーモント州選出のバーニー・サンダース上院議員に向けたものであった。そして今、欧州の人々は、ジョー・バイデンに対しても同じように考え始めている。

バイデンは従来から強硬な親欧派

だが、バイデンが米国の対欧州政策に大きな変化をもたらさないとは考えがたい。バイデンは従来から強硬な親欧派であるし、数十年に及ぶ彼の政治キャリアのなかで、ドイツの首相アンゲラ・メルケルなど主だった欧州のリーダーたちと緊密な関係を築いてきた。2009年~2017年は副大統領として、バラク・オバマ大統領が動けない時には、外交手腕を発揮することをいとわなかった。

欧州の識者らがいうように、トランプ政権以前のような欧米の同盟関係があっさり戻ってくるとは考えがたい。だが彼らは、バイデンの勝利が米国の外交政策にとって持つ意味を軽くみている。民主党は相変わらず理念を重んじる政党であるし、バイデン政権は、トランプ政権の4年間を完全にリセットし、世界の舞台で責任あるリーダーシップを果たすという米国の歴史的な役割を取り戻そうとするだろう。