わだ・こうじ 産業医科大学医学部卒業後、臨床研修医などを経て、北里大学大学院博士課程修了。同大医学部公衆衛生学准教授、国立国際医療研究センター国際医療協力局などを経て、2018年4月から現職。医学・公衆衛生学専攻。著書に『企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル』(小社刊)。

経済・社会活動と感染対策は、つねに綱引き状態だ。国際的な往来の再開は必要だが、どれだけ水際対策をしても感染者は入ってくる。

日本は空港検疫でPCR検査を行っているが、感染者の一定数は潜伏期間や検査の限界のため「偽陰性」としてすり抜けてしまう。では、国内での感染爆発を防ぐためにすべきことは何か。その答えは明確だ。

滞在していた国や地域ごとの感染状況に関する「マクロ評価」と、個人の感染リスクという「ミクロ評価」をできる限り行っていくしかない。