すぎやま・ともゆき 1954年生まれ。77年日本大学理工学部卒業。MIT(米マサチューセッツ工科大学)メディア・ラボ客員研究員を経て、94年デジタルハリウッド設立。2004年に大学院を、05年に大学を設置。工学博士(日本大学)。(提供:standard factory / 関 暁)
経済産業省が5月に発表した「大学発ベンチャー実態等調査」(2019年度)。大学別のベンチャー企業輩出数ランキングで、東京大学、京都大学などに続き全国11位と上位に入ったのがデジタルハリウッド大学だ。新興大学にもかかわらず、数多くのスタートアップ企業を生み出す秘訣はどこにあるのか。杉山知之学長に聞いた。

──ランキングでは北海道大学、神戸大学などの有名国立大学を上回り、私立大学だけでみると慶応、早稲田に次ぐ3位となりました。

スタートアップの誕生は大学院が担い手となっている。当初から研究開発型の大学院を目指さず、実務家を育てる社会人向けの院として2004年に設立した。教員はCGやゲーム、アニメなど各業界で活躍する実務家が多く、ほぼ全員が起業経験を持つ。