週刊東洋経済 2020年7/18号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

結果論でしかないが、欧米で感染爆発した国々に比べて日本はうまくいったほうだ。検査態勢や感染防御の資材、専門家集団のシステムなど“地力(じりき)”では足りないものばかりだったが、運よく感染者が少ないときにクラスターを察知し、感染者の総数を抑えられたためギリギリ乗り越えられた。

いわた・けんたろう 1997年島根医科大卒。2008年から神戸大学大学院医学研究科教授(感染治療学)。03年に中国でSARS、14年にはアフリカでエボラウイルス感染症対策に当たる。

新型コロナウイルスは、感染者の8割が軽症だ。一方で、総数が増えればそれだけ重症者も増し、途端に対応が難しくなる。感染者の総数を抑えることができれば対応はそれほど難しくはない。感染者に気がついたのが偶然にも早かったため、2月に患者が増え始めたタイミングでうまく見つけて隔離することができた。

スペインやフランスでは、昨年の12月の段階からすでに新型コロナウイルスは国内に侵入していたことを示唆する研究がある。対応開始に2カ月間のタイムラグがあれば、感染者が増えてしまって、対策は追いつかなくなってしまうのは当然だ。

感染者が極めて少ない時期から対応を始めたからこそ、クラスター追跡が効果的だった。感染者を後ろから追う形式の、この対策ができない規模まで感染者が膨れ上がっていたら、日本もかなり危なかったはずだ。

改善怠れば最悪の事態に