上海証券取引所に上場する電池材料メーカー、容百新能源科技は6月14日、中堅車載電池メーカーの比克動力電池(BAK)と結んだ6月15日が期限の2億0900万元(約31億8000万円)の支払い契約に関して、まだ返済が履行されていないと開示した。

容百科技は車載電池の正極材料をBAKに供給しており、2018年には2番目に大きい販売先だった。BAK副総裁の李丹氏は6月15日、容百科技の開示について財新記者の取材に応じ、「完成車メーカーからの債権回収が滞っているため、材料メーカーへの期限どおりの支払いが困難になっている」と釈明した。

BAKの資金繰りを悪化させた完成車メーカーとは、衆泰汽車と華泰汽車の2社のことだ。

衆泰汽車は14年からBAKの車載電池を調達していたが、18年から支払いが滞り始め、19年前半には衆泰汽車の担当者への連絡が取れなくなった。BAKは衆泰汽車および関連会社に対する訴訟を19年10月に提起、総額6億2100万元(約94億4000万円)の支払いを求めている。判決はまだ出ていない。

もう一方の華泰汽車は、18年上半期に10万台以上を販売したと自称していた。だが財新記者が入手した資料によれば、18年の通年の国内販売台数はわずか2950台にすぎず、実績を捏造した疑いが持たれている。

(財新記者:鄭麗純、原文の配信は6月15日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。