広東省深圳市は、電気自動車(EV)など新エネルギー車の個人による購入を後押しするため、市政府独自の補助金を1台当たり最大4万元(約60万円)支給する。

深圳市は補助金の申請資格も緩和した。以前なら、深圳市の戸籍を持たない住民(訳注:中国では戸籍の登録地を自由に移すことができない)や外国籍の居住者は、同市で社会保険料を24カ月以上連続で支払っていなければ補助金を申請できなかった。今回は、深圳市での居住許可証を持っていれば誰でも申請できる。

市政府のガイドラインは、補助金の対象になるEVの技術的スペックを定めている。深圳市内の自動車ディーラーによれば、それは地元EVメーカーの比亜迪(BYD)を優遇する内容になっているという。

例えば、ガイドラインは補助金の対象となるEVの全長を4970ミリメートルから5200ミリメートルまでとしている。EVの性能とは何ら関係ないはずだが、次のようなからくりがあるようだ。仮に住民が人気の高い米テスラの「モデル3」を購入しても、全長が4694ミリメートルなので補助金支給の対象外とされる。しかしBYDの新型車「漢」を選べば、全長が4980ミリメートルなので支給されるのである。

なお、新エネルギー車への深圳市独自の補助金は2020年末で終了する。中央政府の補助金や自動車取得税の優遇措置は22年末まで継続される。

(財新記者:鄭麗純、方祖望、原文の配信は6月12日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待