ファーストリテイリングの柳井会長は会見で政府の新型コロナウイルス対策が遅すぎると批判した

「研究とビジネスは似ていて、世の中をよくしたいという思いでは変わらない」

6月24日、京都大学のシンボルである百周年時計台記念館のホール。ノーベル賞受賞者である同大学の本庶佑特別教授と山中伸弥教授、そして「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長という異色の顔ぶれで記者会見をした。

中央に座った柳井会長の言葉には、いつにも増して力がこもっていた。

過去最大規模の寄付

柳井会長は被災地支援など複数の寄付を行ってきたが、今回本庶氏と山中氏に対し、過去最大規模となる総額100億円を寄付することを明らかにした。

本庶氏がセンター長を務めるがん免疫総合研究センターでの研究推進に「柳井基金」を設置し、今年から10年間、毎年5億円を寄付。山中氏には、iPS細胞を安価で製造するためのプロジェクトに45億円、新型コロナウイルスの調査やワクチン開発などの研究に5億円を寄付する。

寄付を決めた理由について柳井会長は、「本庶先生の研究は人類のためになるし、山中先生の研究についても以前から尊敬していたので、微力ながら援助させていただいた」と語った。