批判受け入れ弱点克服、ケインズ主義の中核を提示
評者/名古屋商科大学ビジネススクール教授 原田 泰

『経済政策形成の論理と現実』野口 旭 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] のぐち・あさひ 1958年生まれ。82年東京大学経済学部卒業。88年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。専修大学経済学部教授。専門はマクロ経済、経済政策、国際金融。『アベノミクスが変えた日本経済』など著書多数。

本書は、ある経済政策の成功と失敗の分析ではなく、なぜ、ある政策アイデアが経済学者の世界のみならず社会全般に受け入れられ、現実の政策として実行されるようになったのかを分析するものだ。

保護貿易主義や、経常収支黒字が勝ちで赤字が負けという「国際競争主義」も議論されているが、焦点はマクロ安定化政策をめぐるケインズ経済学についての議論だ。多くの日本人、あるいは少なからぬ日本の経済学者は、ケインズ主義とは財政政策を用いて経済変動を小さくしようという思想だと考えていると思う。

しかし本書は、ケインズ主義とは資本主義経済の本質的な不安定性を安定化するために、政府による積極的な反循環的マクロ経済政策が必要とされるという政策思想であるとする。これがケインズ主義の中核であり、経済安定化の方策は、実証経済学の進歩によって変わらざるを得ない、ラカトシュの言う「防備帯」であるという。

経済の安定化がケインズ主義の中核であるならば、オーストリア学派、フリードマンのマネタリズム、その後継者であるルーカスの新しい古典派の中核は、市場経済は本質的に安定的であり、不安定化するとすれば、政府の誤った介入によるという政策思想と言えるだろう。

この中核に基づいて、フリードマンやルーカスは、ケインズ経済学の理論的一貫性の欠如や矛盾を鋭く突いたが、政府の誤った介入をどのように避けて経済を安定化するかという政策プログラムを、最終的には提示できなかった。

一方、ケインズ派は、フリードマンやルーカスの批判を受け入れ、ケインズ経済学の弱点を次々と克服していった。初期のケインズ派は、財政政策に重点を置いていたが、期待の要素を取り入れ、金融政策の役割を積極的に認め、現在では、財政政策と金融政策の再統合を目指している。

新しい古典派の首尾一貫性に対して、柔軟とも節操がないとも言えるが、今回のコロナ危機を見ても、経済が不安定であることは否定できず、それゆえに、ケインズ主義は生き残ったというのが本書の結論である。

米国のケインズ主義は、中核を守るために防備帯を洗練してきたが、日本のケインズ主義はかたくなであるように思われる。「目の前に不幸があるなら、それを少しでも軽減したい」「より合理的な体系で不幸を説明し、そこからの脱却に力を尽くしたい」といった発想が、日本では弱いのではないだろうか。