試演は練習場で本番同様十分に距離をとって行われた(提供:関西フィルハーモニー管弦楽団)

2020年5月25日に緊急事態宣言が全面解除され、エンタメ界にもさまざまな動きが見え始めた。その筆頭が、大阪を代表するオーケストラの1つ「関西フィルハーモニー管弦楽団」による定期演奏会の再開だ。同団のリリースによれば、今年2月28日の第307回を最後に中断していた定期演奏会が、6月27日(土)大阪のザ・シンフォニーホールでの第311回公演から再開される。

試演では、新型コロナウイルス感染予防対策が演奏に問題を及ぼさないことを確認したという。その対策とは、ステージ上に並ぶ演奏者の間隔を広げ、可能な限りマスクを装着。管楽器からでる呼気由来の水分は、吸水のよい使い捨ての紙で処理するというものだ。演奏者間の距離確保に伴い、演目も小編成での演奏が可能なものに変更している。