(Graphs/PIXTA)

東証REIT(不動産投資信託)指数は春先に暴落し、年初比ほぼ半減まで落ち込んだ。その後は値を戻したものの年初比8割前後にとどまり、コロナ禍前の水準に届く兆しは見えない。日経平均株価が年初水準に戻したのと比べて戻りが鈍い。

3月のREIT指数急落の背景には、地方銀行によるパニック売りがある。日本銀行を除く銀行全体では3月に777億円という大幅な売り越しを記録した(東証、日銀資料より)。「売り越しの大半は地銀だった」(市場関係者)。価格下落による評価損を嫌った投げ売りに加え、融資など他部門の業績悪化をREITの含み益実現で補おうとした地銀が少なからずあった。

みずほ証券の大畠陽介シニアアナリストは、「REITがこれまで好調だったのは、地銀の存在があったから。しばらくは戻ってこないだろう」とみる。4月以降も銀行はわずかながら売りが優勢だ。