みやぞの・まさたか 1953年生まれ。76年東京大学法学部卒業、農林中央金庫入庫。人事部長、総合企画部長、副理事長などを経て、2019年4月に企業年金連合会理事長。20年4月から年金積立金管理運用独立行政法人理事長。
約160兆円の年金積立金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のトップが交代した。昨年秋、高橋則広前理事長が組織内のセクハラ事案をめぐって減給処分を受けるなど混乱もあった。世界最大の運用組織をどう率いるのか。後任の宮園雅敬氏に聞いた。

──理事長就任と同じタイミングで新型コロナウイルスによる市場混乱に見舞われました。

マーケットの激しい動き、不安定さをまざまざと実感した。足元のマーケットは落ち着いており、株価も想定以上に早く戻っているが、この先どんなぶり返しがあるかわからない。

ただ、われわれは100年を見通してつくられた組織。船に例えると、100年間航海を続ける中で、波が大きかったり、向かい風が強かったりするときもある。受ける風の強さや波の高さは計測していかないといけないが、きちんと針路を取って、そこからずれないように船を進めていくことが大事。