2015年、国連サミットで、「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択された。聞いたことはあるが、「貧しい国の話」や「自分にできることなんてない」と、ひとごとと思っている人も多いかもしれない。

しかし実際には、私たちの日常生活もSDGsと深く関わっている。とりわけ身近なものが食生活だ。現在、世界では自然環境への負荷(環境的負荷)に配慮した、「健康的で持続可能な食生活」を重視する意識が高まっている。

食生活にも環境への配慮を必要とする理由の1つが、世界人口の急増だ。世界人口は今後30年間で現在の約1.3倍となる、100億人に達する可能性がある。そのような短期間で、100億人もの人々の食料をどうやって確保するかが、喫緊の課題なのだ。

理論上は、現在の耕作面積と農業生産技術があれば、100億人を養えるだけの穀物生産が可能だ。しかし、家畜の飼料用の穀物や、食肉消費の増加などの食生活の変化を考慮に入れると、30年後には現在の1.7倍もの穀物生産量が必要になるともいわれている。

これでは農業生産性が多少向上したとしても、十分な穀物を確保できなくなる可能性がある。さらに、気候変動や過度な農業生産による環境破壊によって耕作可能地が減少するリスクもある。