ひがしはら・としあき 1955年生まれ。77年徳島大学工学部卒業、日立製作所入社。日立プラントテクノロジー社長などを経て、2014年社長兼COO。16年から現職。(撮影:梅谷秀司)

ポートフォリオを大胆に見直してきた日立製作所。新型コロナの影響はどう出るのか。

──2021年3月期は売上高が1兆円超減少、営業利益も4割以上減る厳しい計画です。

まったく気にしていない。むしろ予想数字を出せたことに意味がある。1兆円も売り上げが減少したら普通は厳しい。コロナ禍がどう収束するかわからないが、固定費を維持して、いつ復帰してもいい状態をつくりながら利益率5%台を示せたのが大きい。とくにITの営業利益率は前期12%、今期も10%の見通しだ。リーマンショックのあった09年3月期の(国内製造業最悪の)7873億円の最終赤字から10年かけて進めた改革の成果を実感している。

──ITはよくても、自動車を中心に影響が大きく出そうです。