末席取締役から社長になった山下。松下家と縁戚ではなく、学歴は旧制工業学校卒だった(撮影:豊永邦男)

日本の電子産業の生産額がピークをつけたのは、2000年の26兆円だった。それが18年は11.6兆円に転げ落ちている。

振り返れば、1990年ごろが転換点だった。生産額は91年まで上昇し、25兆円となった。翌年反落し、ジグザグ運動に移行した。当時の製造業は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と絶賛されていた。自足し、内向きになり、変わろうとする意志を失った。絶頂期が危機の時だった。

あたかも危機の時の到来を予感していたように、激しく勇敢に変わろうとしたリーダーがいた。77〜86年に松下電器産業(現パナソニック)社長を務めた山下俊彦である。

「滅びゆくものの最大の原因はおごりだ」と山下は言った。そして家電王国だった同社の、総合エレクトロニクス企業への大転換を図った。

3年半で非家電(ファクトリーオートメーション、半導体など)比率を40%に引き上げることを必達目標とした。当時の非家電比率は31%前後。松下の売り上げは2兆円を超えており、構成比を10%近く引き上げるには、すさまじいエネルギーが要る。