週刊東洋経済 2020年6/20号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

多くの企業の業績が新型コロナウイルスの影響で悪化している。電機業界も例外ではない。前2020年3月期決算では、大手8社(ソニー、パナソニック、シャープ、日立製作所、東芝、三菱電機、NEC、富士通)のうち、NEC、富士通を除く6社の当期純利益が減少した。

しかし、これは序の口である。コロナ禍の影響で本当に苦しむのは今21年3月期だ。業績予想を出せない企業が上場企業のうち約6割に上っている。電機でも対応が分かれており、業績予想を出した企業も達成に確信があるわけではない。その多くが4~6月期をボトムとみているが、第2波がいつ来るかは読めず、さらに「車載市場は厳しい状態が続きそうだ」(日立幹部)との声もある。

新型コロナウイルスが厄介なのは、感染が終息しない限り先行き不透明感が長く残ることだ。長期戦になることが予想され、今回の危機による落ち込みはリーマンショックを上回るという見方もある。大手8社は耐えられるのか。

低迷するパナ、シャープ