成長が続く半導体製造装置。シリコンウェハーの切断装置で世界シェア7割超を握るディスコの戦略を聞いた。

──コロナ禍における半導体需要の動向をどうみていますか。

せきや・かずま 1966年東京都出身。88年慶応大学理工学部卒業、89年ディスコに入社。技術開発部長、常務などを経て2009年4月から現職。

スマートフォンの買い控えなどによる落ち込みがある一方、在宅勤務への移行が進んだことによって、パソコンを買い替えたりタブレット端末を導入したりして、半導体の需要が伸びている面もある。これらが打ち消し合って、全体としては少しマイナスになる程度ではないかとみている。

今後は社会や生活の変化がまず加速する。例えば、飲食店での注文方法は変わると思う。メニューに触れずに、自分のスマホで注文できるシステムを導入するところが増えるだろう。企業では接触リスクを下げるために、遠隔ロボットやテレビ会議の活用が増えていく。ゆくゆくは、自動運転を導入する動きがもっと加速するだろう。

われわれの業務でも、これまでタブーだった遠隔での顧客サポートを緊急避難的に取り入れた。テクノロジーは一度始めると、便利だから一気に広がる可能性が高い。そしてそこにはITが使われており、必ず半導体の需要や役割が増えていく。その半導体を造るのに必要な製造装置の需要も減ることはないはずだ。

──足元の業績への影響は。