中国の旺盛な需要を受け、ブラジルの大豆輸出が拡大している。4月の輸出量は1630万トンと前年同月の1.7倍以上。3月に続き単月輸出の最高記録を更新した。

3月の輸出量1330万トンのうち中国向けが約4分の3を占めた。中国は主要穀物の中で大豆の輸入依存度が高く、輸入大豆は主に食用油の原料や家畜の飼料に使われている。中国では2018年に始まったアフリカ豚コレラの流行が沈静化し、養豚用の飼料需要が増加している。

一方、新型コロナウイルス流行の影響がブラジルでも懸念されているが、現地の増産意欲はなお高い。ブラジル大豆生産者協会の最新の予測によれば、ブラジルは20年に1億2100万トンの大豆を収穫し、米国を抜いて世界最大の大豆生産国に躍り出る可能性がある。

「現地では大豆の収穫期が終わっており、生産者は輸出に前のめりだ」(中国農業農村省で大豆の国際需給を分析する専門家)。米国農務省は19年9月~20年8月期のブラジルの大豆輸出量が前年同期より1000万トン近く多い8400万トンに達すると予想している。

ブラジルの生産者が輸出志向を強める背景には、通貨レアルの対ドルレートの下落がある。さらに新型コロナウイルスの流行による先行き不透明感から、生産者は物流停滞のリスクを懸念して売り急いでいるという。

(財新記者:黄姝倫、原文の配信は5月13日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。