(Photo by AbsolutVision on Unsplash)
週刊東洋経済 2020年6/13号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

朝日新聞系列の販売店ASA関町(東京都練馬区)の所長、温水謙三(ぬくみ・けんぞう)さんは、3月の折り込み広告の入り具合をみて言葉を失った。スーパーや学習塾など、春であればいつもは入る折り込み広告がまったく入らない。3月の、折り込み広告売上は前年同月の半分、4月は29%まで落ち込んだ。

温水さんは、藁(わら)をもつかむ思いで、朝、夕に新聞を配っている家庭にむけて、手紙を書く。

恥ずかしいなどと言っている場合ではなかった。ASA関町は、日経、毎日、東京も配っている。数カ月でも併読紙を増やして、助けてくれないか。週刊朝日を取るだけでもいい。

新聞販売店には「将来の夢を実現すべく学業と新聞配達に日夜懸命な学生も」働いているとしたため、従業員の生活を守るためにも、助けてくれないかと綴った。

新聞の配達網が崩壊する

郵便局などとともに、戦後、地域社会に根ざし発展をとげていた新聞販売店が、今大きな危機を迎えている。