ソーシャルディスタンシングの措置は、女性が多い接客業での失業増を招く(ロイター/アフロ)

リーマンショックと新型コロナウイルス危機は、多くの点で異なる。その1つが経済的影響の男女格差だ。

米労働統計局によると、4月の失業率は14.7%だった。内訳を見ると、成人男性13.0%に対し、成人女性は15.5%だ。非農業部門の雇用者数は前月比2050万人減で、その55%を女性が占めている。

リーマンショックでは、製造業や建設業、金融業など、男性の雇用が大打撃を受けたため、リセッション(景気後退)に引っかけ、「マンセッション」(男性の不況)と呼ばれた。だが、今回は違う。ソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保)の措置で甚大な影響を受けたホテルなどのレジャー業、レストラン・バーなどの飲食業、アパレルをはじめとする小売業での雇用は、圧倒的に女性が多い。今回のコロナ危機が「シーセッション」(彼女の不況)と呼ばれるゆえんである。