ミネアポリスの警察に拘束されて死亡したジョージ・フロイドさんの兄弟、フィロニーズ・フロイドさんは、ジョージさんの死に反対する抗議集会で家族に囲まれながらスピーチした=2020年6月2日、米テキサス州ヒューストン(写真:REUTERS/Adrees Latif)

ジョージ・フロイド氏がミネアポリスの警察官デレク・ショービン容疑者の膝で首を圧迫され、死亡した事件は、米国中の多くの主要都市で平和的な抗議と共に暴動の波を引き起こした。動画で撮影され、世界中に配信されたこの事件は、アフリカ系アメリカ人の置かれた状況が、一般的には時間の経過と共に改善すると考えられてきた中で、米国社会が進歩の流れから取り残されている現実を思い知らせた。

統計データも、そうした認識を裏付けている。ブルッキングス研究所による最近の調査では、「典型的な白人家庭の保有資産は、黒人家庭のほぼ10倍(2016年時点)」であった。また、米国は世界人口のわずか5%を占めるに過ぎないが、世界の獄中で生活している人々の21%を占め、その3分の1がアフリカ系アメリカ人である。

深刻な不平等問題

こうしている間にも、1週間と経たない内に、また他のアフリカ系アメリカ人が警察や自警団の手で殺されることになる。事件が起きる度に、メディアが懸念して取り上げ、警察のやり方の変革が求められる。それでも問題が解決されないのは、一つには、実は多くの問題が絡んでいるからである。