美容投資で収入増が見込めるが、 容姿だけで幸福決まらず
評者/北海道大学教授 橋本 努

『美容資本 なぜ人は見た目に投資するのか』小林 盾 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]こばやし・じゅん/1968年生まれ。成蹊大学文学部教授、同大学社会調査研究所所長。専門は社会的不平等、ライフスタイル、数理・計量社会学。著書に『ライフスタイルの社会学』『アクティブ・ラーニング入門』、共編書に『変貌する恋愛と結婚:データで読む平成』など。

ハンサムや美人はどれだけ得しているのだろうか。そんな素朴な疑問に数理社会学のメスを入れた好著である。

自分がハンサム/美人だと思う上位4分の1は、下位4分の1と比べ、15歳から結婚するまでの恋人の数が1.5倍だったという。同様にハンサム/美人は年収が147.6万円多いという結果が出た。

恋人の数の多さは予想できるとして、見た目の差はどうして年収の格差に及んでしまうのだろう。立ち入って分析すると、どうも容姿の違いは教育と体重に関係するようだ。

とりわけ大学院を卒業した人は容姿に関する自己評価が高い。体重の増加は、男性ではなく女性の場合、自己評価が低くなることが分かった。一方で、身長や年齢や職業や収入は、容姿との有意な関連が見られなかったという。

では教育やダイエットに投資すれば、容姿がよくなるのかどうか。あるいは逆に、容姿に投資すれば教育と体重減に効果があるのかどうか。

容姿は生まれつき定まっているわけではなく、美容に時間とお金をかければ変えられる面がある。本書が突き止めた答えは、容姿がよいと教育年数が長い、美容に時間とお金をかける人ほど収入が多い、というものだ。ただし学歴と美容投資の関係は有意ではなかった。

美容に投資すると、高学歴ではなく収入増が見込めるという点で興味深いのは、本書後半のインタビュー分析におけるキャバクラ嬢の語りである。整形への投資で、収入が激変するという。

500万円かけて数カ所整形すれば、見た目は5段階評価で最下位の1から2〜3になる。1000万円をつぎ込めば、4〜5になる。少し整形するだけでも毎月の収入が50万円から100万円上がるので、トータルでいえば投資が10倍くらいになって返ってくる。美容投資の成功を象徴する事例であろう。

キャバクラ嬢に限らず、人は一般に、美容に投資するほど容姿に対する自己評価が高くなるようである。その評価はさらに幸福度、健康度や階層帰属意識のレベルアップにも結びつく。ならばぜひ美容に投資すべきだ、というアドバイスになるはずだが、事はそれほど単純ではない。

容姿のよさは、結婚率や子どもの数には、有意に結びつかない。10段階評価の幸福度では、容姿の自己評価10点満点で4点以下と7点以上の人とで0.9の差しかない。美容に投資して元が取れるのか。それは他の投資対象との比較の問題だと思った。