大規模な建て替えが行われ街の新陳代謝が進む千里ニュータウン(PIXTA)

大阪府豊中市と吹田市にまたがる千里ニュータウンは、日本最初の大規模ニュータウンとして大阪府企業局によって開発された、面積約1160ヘクタール、当初の計画人口15万人・計画戸数3万戸の広大な街である。街は大阪市中心部から北に約15キロメートルの千里丘陵にある。1962年から入居が始まり、すでに58年もの歳月を重ねている。

街を俯瞰すると、中央の一部がニュータウンから抜けていて、ドーナツ状であることに気づく。これは上新田(かみしんでん)地区・弘済院地区で、もともと千里丘陵で農業を営んできた人々が住む。開発に当たり、地区の意見を尊重して開発対象エリアから外したものだ。

交通の利便性は抜群だ。街を南北に貫く北大阪急行電鉄、阪急千里線でそれぞれ大阪市内中心部まで20分前後。新幹線が発着するJR新大阪駅まで北大阪急行電鉄の千里中央駅から約15分、大阪国際(伊丹)空港にも街を東西に横切る大阪モノレールを使えば約13分でアクセスできる。