(kimberrywood / PIXTA)

緊急事態宣言下での在宅勤務で、人々はどんな苦労に直面し、どう乗り越えたのか。アンケートで声を集めた。

(出所)本誌のメールマガジン読者向けアンケート(2020年4月21日〜5月6日実施、有効回答者数5798人)の回答から抜粋。集計結果は別記事に掲載

社内コミュニケーション

・ちょっとした質問など、オフィスなら1分で済むことでも、テレワークだと事前調整の手間がかかる(50代男性/IT・インターネット)

・4月1日の人事異動で部署が変わったが、テレワークでは業務の引き継ぎが難しい(50代男性/資源・エネルギー・商社)

・社内のメンバーでブレークタイムを設け、あえて雑談する機会をつくる(50代男性/会社役員)

・自身で完結する仕事はとても効率的。ただ複数のセクション・人間とやり取りするには非効率だと感じる(40代女性/食品・農業)

家族関係

・1LDKの住戸なので、同居人が電話会議に入ったとき、どちらかが寝室で仕事をせざるをえず、エクセル作業など細かい仕事をするのが大変(40代女性/娯楽・エンタメ)