コロナの影響で企業はWeb面接による採用活動を行っている(jessie/PIXTA)

「面接はリビングのテーブルで、家族にも外に出てもらい臨んでいる」。神奈川県の大学に通う就職活動中の大学4年生は、Web上での面接対策をそう語った。背景が映ってしまうことから、自分の部屋ではなく少しでも見栄えのする場所を選ぶという。

今、就活・採用の現場では新型コロナウイルス対策のため、会社にて実施する選考はほぼ行わず、大半は動画での選考だ。

動画選考は大きく2つに分かれる。1つは、自己PRや与えられた課題の答えを、録画して応募するもの。もう1つは、面談や面接をオンライン上で行うものだ。前者は、新しい選考手法として2〜3年前から広まっている。社内判定での参考にするだけでなく、動画をAIに読み込ませて判定するケースが増えている。ただ、今年の就活で急拡大しているのは、後者の「Web面接」のほうだ。

話が伝わるか不安

ただし学生のWeb面接への不安は大きい。リクルートキャリア・就職みらい研究所が就活生にWeb面接での不安を聞いたところ、自分の話が伝わるか、通信環境、視線の方向などへの不安が上位に並んだ。さらに「標準の形が確立していないので、服装や髪型で悩む就活生が多い」(文化放送キャリアパートナーズ・就活情報研究所の平野恵子所長)という。