日本福祉大学 福祉経営学部教授 藤森克彦(ふじもり・かつひこ)1965年生まれ。長野県出身。国際基督教大学教養学部卒業。同大学大学院行政学研究科修士課程修了。日本福祉大学にて博士号(社会福祉学)取得。2017年から現職。みずほ情報総研主席研究員も務める。専門は社会保障政策。著書に『単身急増社会の希望』など。(撮影:尾形文繁)

「ステイホーム」の生活は、感染リスクを抱えながらも家の外で働く人々の支えがあって初めて成り立つ。これは、在宅勤務を続ける中で気づかされた点だ。例えば、医療や介護、スーパーマーケットなどの小売業、ゴミ収集、宅配、行政サービスなどの従事者がいなければ、ステイホームの生活を送ることはできない。

欧米では、生活維持に不可欠な仕事に携わる人々を「エッセンシャルワーカー」と呼ぶようだ。どの業種を「不可欠」というのかは難しいところだが、一般にエッセンシャルワーカーと呼ばれる人々の業種をみると、短時間労働者の比率が高いように思われる。

例えば、2018年の業種別の短時間労働者(パート・アルバイト)の割合をみると、医療・福祉30%、小売業55%、生活関連サービス44%、持ち帰り・配達飲食サービス業65%である。