イェンス・シュパーン連邦保健相(写真:REUTERS/Annegret Hilse)

ドイツはCOVID-19パンデミックへの対応の好例として取り上げられることが多い。我が国は自国の医療システムに対する過度の負担を回避することに成功した。感染カーブは明確にフラット化した。また、ドイツの重症化率と死亡率は他の多くの国々より低い。しかし、これに対して我が国は過信をせず謙虚になっている。

私は、ドイツがこの重大な局面を(今のところ)比較的うまく切り抜けた理由は3つあると考えている。

まず1番目に、この重大局面を迎えるにあたってドイツの医療制度はしっかりしていて、だれもが診療を受けられる環境があった。これは現政権だけでなく、歴代政権によって積み上げられてきた功績だ。重症でないCOVID-19患者に対応可能な一般医の優れたネットワークがあるため、各病院は深刻な症状の患者に集中することができた。